女性医師

尿漏れトラブルを解決|専門医に診てもらう

女性に多い排尿の悩み

カルテ

泌尿器科に相談を

女性は男性に比べて尿道が短く、出産などの影響で骨盤底筋群が衰えやすいため、尿失禁を起こしやすいと言われています。40代以上の女性の3分の1が尿失禁を経験しているというデータもあります。しかし恥ずかしくて表には出さない人もいるので、実際にはもっと多い可能性があります。苦痛を伴うことはなくても、頻繁に尿失禁が起こると日常生活に支障をきたします。下着の汚れが気になって人付き合いを避けるようになり、生活の質が低下することにも繋がります。尿失禁にもさまざまな原因と、それに適した治療法があります。ひとりで悩むよりも泌尿器科に相談し、適切な治療を受けることで、仕事でも趣味でも思う存分に活動できるようになります。

基本はトレーニング

軽度の尿失禁であれば、骨盤底筋群を鍛えるトレーニングで、かなり改善することができます。特に道具も薬も必要なく、家事の合間に短時間で手軽にできるため人気があります。毎日コツコツと少しずつ運動するのがポイントです。やりすぎには注意しなければなりません。トレーニングが効果を現すまでは、一時的に薬で尿失禁を抑えることも可能です。症状が重い場合には、手術で治療することもあります。現在主流になっているのは、合成繊維のテープを入れて尿道を支持する方法で、傷跡が小さく体への負担も軽いことから人気になっています。またメスを入れたくない場合は、テープの代わりにコラーゲン注射で同じ効果を実現する方法も開発されています。